カテゴリ:2013/01 ise( 7 )

神の森、伊勢神宮へ⑦ 帰宅の途に

この日、6日は一般的にお正月休み最終日でもあるので、
渋滞回避するため予定していたスケジュール(お土産物屋連行><)を変更しての行動だったのですが、
それが功を奏して帰りの新幹線に乗る豊橋までの道路はほぼ順調でした。
b0040888_2204436.jpg

途中、立ち寄った伊勢湾岸道の刈谷PAのトイレがスゴイんです!
b0040888_2212637.jpg

b0040888_2221118.jpg

まわりにぐるっと個室があって、中央にソファがあります。
床は絨毯が敷かれてるんです!
さすがに個室は絨毯ではありませんが、自動開閉式のトイレでした。

この旅は寒さから何度もトイレに行きましたが、このトイレは驚きましたね~(^^ゞ
b0040888_2242259.jpg

サービスエリアのたびに何か買ってる(^^ゞ


無事に豊橋駅からこだま号に乗車。
長身のじょにぃ~には長い時間、狭いバスの席に座っているのは窮屈だったらしい。
新幹線で「思いっきり足が伸ばせる~♪」っとこの旅、一番の笑顔!?
b0040888_2251732.jpg

新幹線の中では松阪牛のお弁当を頂きました!

途中乗車、下車をお願いしていたので品川駅で10時過ぎに下車。
お正月休み最後の夜にバタバタと帰宅でちょっと大変でしたが、楽しい伊勢旅行となりました。

今年は節目の年でもあり、これからも元気で過ごせるようパワーを頂けたと思っています。
b0040888_2275073.jpg

つたない旅行記を読んで下さりありがとうございました。
[PR]
by greenfloral | 2013-01-10 22:10 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(4)

神の森、伊勢神宮へ⑥ おかげ横丁

無事参拝を終えたあとは、
OPについている昼食を頂きに門前のお食事処へ。
b0040888_21453434.jpg

伊勢名物のてこね寿司と伊勢うどん。
どちらも食べたいと思っていたのでらっきー♪
最近、うどんと言うとコシのあるものが多いですが、
伊勢うどんは極太の麺ながらとても柔らかいのが特徴。
魚介系の出汁を加えたたまり醤油のタレに絡めて頂きます。
私はコレはコレで好きですけど、柔らかいのがダメな方も。
てこね寿司はてっきりマグロだと思いこみ、カツオだと知って完食できませんでした。
門前のおかげ横丁にてこね寿司と伊勢うどんを頂けるお店に行列ができていたところもありました。
次、行く機会があったらそちらで頂きたいな。
b0040888_21462788.jpg

さ、昼食をさくっとすませて、おかげ横丁に。
こちらも原宿竹下通りかと思うほどのたくさんの観光客でした。
b0040888_21474121.jpg

赤福でぜんざい、五十鈴カフェでまったりっと妄想してましたが、
内宮に行く前に行列を目にしていたので、食べ歩きを楽しむことに。
b0040888_2147636.jpg

松坂牛串
b0040888_21472190.jpg

伊勢えびコロッケ

他にも美味しそうなものがたくさんあったけれど、さすがに。。。
b0040888_21484628.jpg

赤福、我が家用に購入した2個入。
元旦に買った信玄餅がまだ自宅にあったので、控えめに(^^ゞ
b0040888_21492228.jpg


b0040888_21511653.jpg

b0040888_21512934.jpg

おかげ横丁に続くおはらい町には
街の雰囲気をこわさぬようレトロな銀行や郵便局。

また訪れる日を楽しみに伊勢神宮をあとにしました。
b0040888_21532094.jpg

[PR]
by greenfloral | 2013-01-10 21:54 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(0)

神の森、伊勢神宮へ⑤ 内宮参拝

さぁ、この旅のメイン、伊勢神宮の内宮へ参ります♪

内宮は皇大神宮(こうたいじんぐう)といい、皇室の御租神の天照大神を祀る最も尊いお宮です。

添乗員さん曰く、“11時の法則”があるとかで、
10時半までに内宮に入ればなんとか混まずにお参りできるそう。
日帰りで訪れる人たちで11時を過ぎると駐車場も周辺の道路も混雑していて、ごったがえすらしいのです。
その点、伊勢に宿泊してる人は早く訪れることができるので絶対的に有利なのだと。
お正月三が日は大変な混雑で2日に添乗した時はお参りするのに2時間かかったとか。
その話を聞き、夫婦岩をOPでいれたことを少し後悔し、
OPなしで朝から内宮に行く人をちょっと恨めしく思ったりして。。。
b0040888_20594017.jpg

神宮の表玄関にあたる五十鈴川に架けられた宇治橋に到着したのが、10時半!
思わず「good job!」と^^
それにしても、すごい人、しかも逆光で。。。

木造の宇治橋の長さは101.8m、両端の鳥居は両正宮の旧正殿棟持柱をリサイクルして建立。
b0040888_21484716.jpg

橋を渡り荘厳な深い森へと参道が続きます。
明治神宮も森に囲まれ荘厳な雰囲気を感じてましたが、
ここを見ると明治神宮は植林されて造られた感が否めませんね。
伊勢神宮は自然の森の中に分け入り、より清々しく感じられました。
b0040888_21491347.jpg

手水舎もあるのですが、第一鳥居をくぐったところにある五十鈴川で手を清めるのが
昔からのしきたりらしいので私たちもここで手を清めました。
b0040888_21493196.jpg

いよいよ参道の一番奥ある正宮へ。
こちらもここから先は撮影禁止。
石段があるのですが、人だらけで全然わかりませんね。

ここで「中央の鳥居からお参りする方は30分ほどかかります。
お急ぎの方は左右からお進みください」とアナウンスが。
ここまで来てなんて無情な。。。
時間に限りがある身としては仕方ない、鳥居をくぐらず右側から上がりました。

天照大神が鎮まる御正殿は五重の垣根に囲まれ外からはうかがいしれませんが、
神聖な空気が漂っているように感じます。
心を静めて参拝。
b0040888_21501915.jpg

お隣の新御敷地には当然のことながら新社殿が造られています。
b0040888_21504713.jpg

社殿には白い幕、そのまわりにある高い木の柵で中を見ることはできませんが、
真新しい鳥居だけは激写?できました(^^ゞ
b0040888_2151156.jpg

ご祈祷を行ったり、お守りやお札が並ぶ神楽殿。
こちらで御朱印を頂き、お札も購入。
b0040888_21511549.jpg

穏やかそうな白馬。
神様に使える馬を神馬(しんめ)というそうです。
b0040888_21514023.jpg

お神酒がふるまわれていたので、有難く頂きました。
私はペロッとしただけですけど(^^ゞ
b0040888_21515571.jpg

宇治橋の擬宝珠(ぎぼし)のひとつに
橋の安全と渡る人たちの安全を願って萬度麻(まんどぬさ)というお札がおさめてあります。
この擬宝珠に触れるとまた参拝に訪れることができるそう。
宇治橋は右側通行なので参拝のあと通るほうの擬宝珠です。
すっかり忘れていたのですが、前を歩いていた方が触っていたので気がつき、
私もなでなでしてきました~☆

次はもう少し人の少ない時期に訪れてどっぷり浸りたいなぁ~
[PR]
by greenfloral | 2013-01-09 22:03 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(0)

神の森、伊勢神宮へ④ 夫婦岩

b0040888_1734241.jpg

2日目、伊勢神宮内宮にすぐに向かいたいところですが、
朝一で訪れたのは二見浦、二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)。
こちらに夫婦岩という対になった大小の岩があり、
伊勢地方に行く際にはぜひ寄りたいと思っていたところ。
結婚して30年の節目でもあるし、これからも夫婦円満で、ね。

古来より日の出遥拝所と知られ、夫婦岩の間から昇る陽は「日の大神」と崇められているそう。
岩の間から日の出が見られるのは4~8月の間。

大きい男岩(おいわ)は高さ9m、女岩(めいわ)は4m、
ふたつを結ぶ大しめ縄は長さ35mでそれぞれの岩に張られ、その間は9m。
近いように見えて、結構、離れているんですね。
b0040888_17364664.jpg

b0040888_1737359.jpg

二見興玉神社には蛙の像があちらこちらにあります。
こちらに祀られている猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を
伊勢神宮御鎮座の時に道案内をしたのが蛙だそうです。
無事帰る、若返る。。。等の願いを叶えてくれるそうですよ(^^ゞ
ふふ、蛙に混じっている人が。。。
b0040888_17371859.jpg

帰り際、『御朱印』の表示を見て、慌てて頂いた御朱印。
岩にばかり気がいって忘れそうに(^^ゞ
b0040888_1741379.jpg
b0040888_17382657.jpg

バスが停まった駐車場には『二見シーパラダイス』もあって、
外にある水槽ではトドが愛嬌をふりまいてました~^^
[PR]
by greenfloral | 2013-01-09 17:46 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(2)

神の森、伊勢神宮へ③ ホテル

b0040888_22255826.jpg

伊勢神宮から南下。
途中、ツアーでは避けられないお土産屋さんに寄り、
お宿は的矢湾を見下ろす高台に建つホテル、伊勢志摩ロイヤルホテル。

色褪せしたソファに古さを感じましたが、ふたりには十分なひろさでした。
私たちのお部屋は山側(^^ゞ
↑エレベーターホールより見た景色で、橋の向こうには志摩スペイン村があります。
b0040888_22292492.jpg

ツアーについてる夕食。。。><

このままでは終われない。。。
ホテルのまわりに寄れるような場所もないので、ホテル内の別のお店に行き、飲み直し(^^ゞ
b0040888_22294943.jpg

b0040888_223043.jpg

b0040888_22302086.jpg


夕食後、ひと休みしてから大浴場へ。
露天風呂だけが温泉だそうで、サウナにも入り、ゆっくりお風呂を楽しみました。


翌日の朝食はブッフェスタイル。
ゆっくり楽しみたいところなのですが、ツアーの集合時間が8時なので
食後のコーヒーもそこそこに部屋に戻り、出発準備。

さぁ、待望の神宮内宮へ行く日。。。
[PR]
by greenfloral | 2013-01-08 22:32 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(0)

神の森、伊勢神宮へ② 外宮参拝

鎮座2000年、伊勢神宮。
伊勢周辺に点在する125の社の総称で、日本中のすべての神社の本宗。
今年は20年に一度、社殿を新しくし、御神体を移す『式年遷宮』(しきねんせんぐう)の年。
いつもの年より注目が集まるでしょうね。

神宮は『外宮』と『内宮』に分かれていて(6km離れている)、
まず外宮からお参りするのが昔からの習わしだそうです。

私たちは初日に外宮、翌日に内宮にお参りしました。

外宮は豊受大神宮(とようけのおおみかみ)といい、
天照大神を祀る内宮の食を司り、産業全般を守護する神様。
朝夕の一日2回、神様に食事を供える行事があり、
神域内の井戸で汲んだ水を古代と同じ道具でおこした火で調えられるそう。
b0040888_19421518.jpg

b0040888_19423577.jpg

表参道火除橋を渡り、第一鳥居、第二鳥居をくぐり、正宮(本殿)へ。
b0040888_19431242.jpg

純白の絹の御幌(みと ばり)が神聖さ漂う中、参拝。

正宮前の鳥居から中は写真撮影NG。
b0040888_19454140.jpg

西隣の新御敷地には新しい社殿が建てられていますが、白い幕で覆われていました。
御神体を旧殿から新殿へと遷す『遷御』(せんぎょ)が行われるのは10月。
新旧の社殿が見られるのはこの時だけなのかしら。。。
b0040888_19521251.jpg

御朱印頂きました。
印のみのシンプルなもの。
これが余計に神々しい感じがしますね。
b0040888_2003656.jpg

勾玉池にある奉納舞台

昨年、『せんぐう館』という資料館が開館され、遷宮についてより詳しく紹介されています。
ただ新しくするだけでなく、社殿の造営や神宝類を一新し、
次世代に技や心を伝えていくためなのだと知り、納得。
[PR]
by greenfloral | 2013-01-08 20:08 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(2)

神の森、伊勢神宮へ① 豊川稲荷

神社仏閣に興味をもってから、伊勢神宮は訪れたい場所のひとつとしてずっと思っていましたが、
20年に一度の式年遷宮の今年、お正月にお参りしてきました。

実は去年GWの結婚記念日あたりに車で行こうかと考えていたのですが、
じょにぃ~ひとりで長距離運転は心配だったし、初めて訪れる場所ので、今回はお得なツアーに。
新幹線は“こだま”、しかも伊勢へ行くのに豊橋でバスに乗りかえるという、ちょっとシュールな工程でしたが。

そして伊勢神宮に初詣と皆に言いながら、実は最初の目的地は豊川稲荷(^^ゞ
b0040888_21462536.jpg

愛知県豊川市にあり、曹洞宗の寺院、妙厳寺(みょうごんじ)というのが正式名称です。
神社だと思っていましたー
商売繁盛の神様として知られ、境内には鳥居もあります。
東京、赤坂にも豊川稲荷がありますが、こちらの別院。
b0040888_21514437.jpg

左:千本幟。
願い事を書いて立てるそう。

中:おさわり大黒天。
なでなでしてご利益を頂きます。

右:お稲荷さんということで狐の石像があちらこちらにあるのですが。。。
『霊狐塚』というすごい数の狐の石像が祀ってある場所が奥の方にあったとか。
表示は見たのですが、気にもとめずに見に行かなかったのが悔やまれます。
b0040888_2211518.jpg

御朱印頂きました。


門前にはたくさんの飲食店やお土産屋さんが並んでいます。
お稲荷さんで町おこしをしているらしく、通りにはいなり寿司を売るお店がたくさんありました。
b0040888_21553454.jpg

ちくわも名産なのかな。
タコ棒を食べ歩き。
写真撮り忘れましたが、いなり寿司も買いました。
b0040888_21555243.jpg

豊橋をあとにし、伊勢へと向かうバスの車窓から茶畑?に雪が積もってるのが見えました。
前日に降ったのかしら?

反対車線は渋滞していましたが、伊勢方面へはスムーズに走行。
[PR]
by greenfloral | 2013-01-07 22:01 | 2013/01 ise | Trackback | Comments(0)