タグ:御朱印 ( 55 ) タグの人気記事

秩父神社と常泉寺

どんより日曜日、秩父2日目は秩父神社へ。
b0040888_22415387.jpg

三峰神社、宝登山神社とともに秩父三社と言われる歴史ある神社です。
徳川家康の寄進による社殿は埼玉県の重要文化財となっています。
b0040888_2242286.jpg

b0040888_22424931.jpg

日光東照宮の彫刻でも有名な左甚五郎の『つなぎの龍』
b0040888_22431164.jpg

水に濡れると文字が浮かんでくる水占いみくじ、
仲良く『吉』で^^

とっても立派な神社でした。
毎年12月に催される『秩父夜祭』はたくさんの人で賑わうようです。
この日は学生のボランティアの皆さんが境内の清掃をされていました。
b0040888_2244714.jpg

お正月以来の御朱印~☆
b0040888_22443839.jpg

続いて、あじさいの咲くお寺『常泉寺』へ。
b0040888_22461080.jpg

秩父には三十四ヶ所観音霊場というものがあり、そのうちのひとつ。
三番目の札所のようです。
b0040888_22451084.jpg

b0040888_22453214.jpg

あじさいの花はピークは過ぎているようでしたが、
まだキレイに咲いている株もあり十分楽しむことができました。
b0040888_22454573.jpg

ハスの花にはまだ早く。。。

お昼は秩父名物豚ミソ丼を食べる予定でしたが、
時間的に折り合わず、12時には秩父をあとにしました。

次は電車ででかけてみましょうか。
[PR]
by greenfloral | 2015-07-08 22:47 | 2015/07 chichibu | Trackback | Comments(0)

初詣 富士山本宮浅間大社

b0040888_21263568.jpg

初詣は富士山の麓にある富士山本宮浅間大社へ。
甲府から山道を走ること2時間、やっと富士山が姿を現しました。
すっきりと見えて気分爽快です!!
でも気温はすごく低く寒かったです。

なのに、なのにですよ、旅に出たらソフトクリーム食べなきゃ!と
『ミルクランド』という施設に立ち寄りました。
動物がいるようなので、ちょっと見て行きましょう。
b0040888_21305525.jpg

遊戯施設もありちびっこ達がいたら喜びそうな場所ですね。
ただし、寒くない時期に。
b0040888_2133679.jpg

売り場の方に「寒いのに。。」と言われながら買いました(^^ゞ
気温は確か2℃くらい。
もちろん車の中で頂きました。
b0040888_21344489.jpg

少し移動したので雪の多さとか変わってきてますね。
雲も出てきました。

富士山本宮浅間大社へとやってきました。
全国に約1,300社ある浅間神社の総本社だそうです。

富士山効果もあってすごい人出です。
駐車場へ入るのも大変で少し離れた臨時駐車場へと促されました。
b0040888_21423095.jpg

正面ではなく脇にある湧玉池のほうから境内へ。
b0040888_21443087.jpg

まずはお参り。
b0040888_21464489.jpg

その後御朱印を頂きました。
ちょうど前回で3冊目が終わり、新年から新しい御朱印帳に。
b0040888_21481993.jpg
 
餅つきが行われ、おしることきなこ餅がふるまわれていたので(気持ちだけ納めます)
行列の少し短かったきなこ餅を頂きました。
b0040888_21514579.jpg

b0040888_21515651.jpg

湧玉池の水は富士山からのお水が湧きでてるもの。
以前訪れた忍野八海と一緒ですね。
透明度が半端なくすごくてキレイ! 
水飲み場(水汲み場)もあり、富士登山をする人が身を清める場所でもあるそうです。
b0040888_2215566.jpg

またまた移動したので富士山を。
頂上付近はほとんど雲で覆われてしまいました。

その後、東京方面へと戻りながら、御殿場アウトレットへ。
こちらもかなりの人出でレジが長蛇の列になっているところもあり、
思うように買い物もできずに退散。
ここから最後に見た富士山がまた美しかったこと♪
b0040888_2273036.jpg

帰りは東名の渋滞にはまり、途中で降りて下道を帰ってきました。
毎度毎度、ドライバーのじょにぃ~に感謝です。

予定外のことばかりでしたが、楽しい旅でした。
[PR]
by greenfloral | 2015-01-04 22:11 | 2015/01 fujisanroku | Trackback | Comments(0)

浄真寺『おめんかぶり』

b0040888_1811788.jpg

九品仏、浄真寺の『お面かぶり』を観に行ってきました。
b0040888_18135357.jpg

お面かぶりの正式名は「二十五菩薩来迎会(らいこうえ)」といい、
念仏行者が臨終の際に阿弥陀様が25人の菩薩様を従えて西方浄土から迎えにくるという
浄土の教えを行事にしたもの。
3年に一度行われ東京都の無形文化財に指定されています。

本堂(現世)と上品堂(浄土)の間に渡された橋をお面をかぶった方々が行き来します。
かぶって歩くと極楽往生できるとか。
お面をかぶる方はFBで募集していましたから信者さんでなくてもいいみたいですね。
b0040888_18145244.jpg

これは上品堂に準備に向かうお面のかぶりてさんたち。
b0040888_18151513.jpg

笙を吹く僧侶に続いて二十五菩薩さまが橋を渡りはじめました。
b0040888_18153957.jpg

b0040888_18163068.jpg

お面には小さな穴があいているだけなので介添え人とともに歩きます。
ただ立っているだけでも暑いのにあの出で立ちは相当なものでしょうね。
b0040888_18171166.jpg

御稚児さんたちの行列もありました。
b0040888_18173773.jpg

寺を開山した珂碩上人の像の乗った輿。

最後にご住職の念仏に一同唱和。
b0040888_18175933.jpg

その隣でうちわをあおいでいた小坊主君がかわいくて♪

お声で気がついたのですが、梶さん もいらしていました^^
b0040888_18193292.jpg

御朱印も今日だけの特別なものを頂くことができました。
私は行事の前に御朱印帳を預けて番号札をもらっておきましたが、
その後、目の前で書いて頂く行列はすごいことになっていてビックリ!
書き手のお坊さんもてんてこ舞いのようでした。
b0040888_18194059.jpg

そしてサギソウ。
もともとサギソウありきでお寺のFacebookをチェックしたのがこの行事を知るきっかけに。
肝心のサギソウは今年あまりパッとしないみたいです。
数輪しか咲いておらず、イマイチな感じでした。
b0040888_18183146.jpg

暑い中でしたが(木々が多いので日陰で)、
とても素晴らしい行事を間近で見ることができてよかったです。
[PR]
by greenfloral | 2014-08-17 18:23 | event | Trackback | Comments(3)

春満喫!長野日帰り旅行Ⅲ 戸隠②

b0040888_9123913.jpg

ゼイゼイ言いながら、急な階段を登り終え、奥社到着。
b0040888_9131115.jpg

切り立った戸隠山をバックにこじんまりと奥社はありました。
b0040888_9151773.jpg

天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けたといわれる天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)が
祀られています。
五穀豊穣、開運、心願成就などに御神徳があります。

少し呼吸を整えてからお参り。

空気がすうっと爽やかでとっても気持ちいい~♪
b0040888_9134622.jpg

続いて、すぐ下にある九頭龍社。
こちらは水や虫歯の神様だそうです。
脇には雪がこんなに残っていました。
少し前までは参道にも雪が残っていたそうです。
b0040888_9141142.jpg

この後、社務所にてふたつの御朱印を頂きました。
b0040888_9144052.jpg

元来た道をまた戻ります。
結構、下りが曲者。
やっぱり、その後2日くらい膝に鈍痛残りました><
b0040888_9161416.jpg

キクザキイチゲ。
実際はもう少し紫がかっています。
自然教育園で見たユキワリイチゲによく似てると思ったら、
やっぱりイチゲの仲間。
b0040888_9192958.jpg

b0040888_9194180.jpg

b0040888_9195519.jpg

また杉林を通り。。。
b0040888_9201746.jpg

b0040888_920348.jpg

随神門を抜け、
b0040888_9204916.jpg

あーまた花の群生に吸い寄せられ。。。

大鳥居までなんとか時間通りに戻ってきました。
隣には戸隠森林植物園があり、花や野鳥が楽しめるようです。

時間もお昼をまわり、運動もしたのでお腹がぐーぐー
戸隠といえば、お蕎麦です!
まわりにはお蕎麦屋さんがたっくさん。
私たちは一応ツアーなので、大きなバスで乗り付けます(^^ゞ
b0040888_92199.jpg

『戸隠そば山口屋』
b0040888_9212710.jpg

コシアブラ、こごみ、磯巻き蕎麦の天ぷら、揚げ蕎麦、蕎麦団子、蕎麦饅頭
b0040888_9214676.jpg

ポッチ盛りのお蕎麦。
その昔、お殿様が食べやすいようにとお猪口に一口づつのせたのがはじまりだとか。
戸隠のお蕎麦屋さんはポッチ盛りにするところが多いそうです。

美味しく頂きました!
特に甘辛の蕎麦団子、おいしかった!!

さぁ、小布施地区へ移動です。
お腹もいっぱいになったところで、バスの中ではうとうと。。。

続きます。
[PR]
by greenfloral | 2014-05-18 09:21 | diary | Trackback | Comments(0)

春満喫!長野日帰り旅行Ⅰ 善光寺

b0040888_2373259.jpg

ハングルを一緒に習っていた友人と遠足!
JR東日本びゅうで長野へ日帰り旅行してきました。

往復の新幹線に善光寺・戸隠・小布施を訪れる観光周遊バス、昼食のついたお得なプランを利用。
行きは、東京駅7:24発 あさま505号 長野駅 8:48着。
9時現地集合の周遊バスに間に合うよう、新幹線を予約したのですが、
これが、3月に導入されたばかりの新しい北陸新幹線用新型車両E7系!!!
朝早くてちょっとぼーっとしてた脳が活性化されました(^^ゞ
b0040888_2381578.jpg

現地についてさらにびっくりしたことが、
この大きなバスにお客さんが私たちふたりだけだったこと!!!
GW後の平日、だったからでしょうか?!
一番前の席を通路を挟んでゆったり座り、バスは出発!
b0040888_2385322.jpg

まずは善光寺へ。
日本最古の仏像、一光三尊阿弥陀如来をご本尊とし、創建から約1400年の歴史をもつ善光寺。
『一生に一度は善光寺参り』とよく言われます。

宿坊の案内人の方からお話を伺いながら境内を案内して頂きました。
駐車場からという都合上、巡った順に紹介します。
b0040888_2310160.jpg

善光寺は7年に一度、御開帳が行われ、その際本堂前に建てられる回中柱が役目を終えて、
地中に植えられています。
b0040888_23102121.jpg

新しいものから順に短くなっています。
最終的に土に還るということなのですが。。。
b0040888_2310418.jpg

香炉下に回中柱が建てられる場所が隠れています。
御開帳は来年です。
さぞかし多くの人で賑わうのでしょうね。
b0040888_2311619.jpg

震災の津波で倒れた高田松原の松で作られたお地蔵様。
右の三体は陸前高田市に戻り、残りの一体がこちらに安置されてるとのことです。
b0040888_23112627.jpg

善光寺にはたくさんの著名人も訪れており、小林一茶も参拝し、句を詠まれ、
2句が碑に刻まれています。
b0040888_2312370.jpg

鐘楼
石垣の台上に高さ1.8mの大きな鐘。
1988年、長野オリンピックで開会を告げる鐘が鳴らされたそうです。
10時と16時に撞かれます。
b0040888_23122732.jpg

重要文化財に指定されている山門(三門)。
額に書かれた『善光寺』の文字に鳩が5羽隠れています。
たしか鎌倉の鶴岡八幡宮もそうですね。
さらに「善」の字には「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を物語っているように
牛の顔のように見えます。
b0040888_23124742.jpg

六地蔵。
六地蔵とは、六道の地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天のことで、
人間の苦しみを救ってくださる菩薩様です。

そして、善光寺の中で一番インパクトのあった体験、『お戒壇めぐり』
本堂の本尊を安置する瑠璃壇の床下にある極楽の錠前に触れると本尊との縁が結ばれ、
極楽往生が約束されるというお戒壇めぐり。
朱塗りの階段の下は真っ暗闇の世界で
右手は壁を触わりながら案内人の方に左手をひいてもらい、
うしろにいる友人も私につかまって歩きました。
極楽の錠前も全く見えず。
案内人の方がいないと見つけられないでしょうね。
これは死の疑似体験、光のありがたみを知るという意味もあるんですって。
出口で明かりが見えた時の安堵感ったらなかったです。
目が見えることって素晴らしいことなんですね。
b0040888_2316515.jpg

案内人の方の案内が終わり、少しの自由時間。
仲見世に行くには時間が足りず、境内をふらり。
b0040888_23172882.jpg

b0040888_2317579.jpg

御朱印も頂き、善光寺をあとにしました。

続きます。
[PR]
by greenfloral | 2014-05-15 23:21 | diary | Trackback | Comments(2)

新緑の高尾山Ⅱ

b0040888_2134304.jpg

薬王院の境内に入ってすぐの天狗の像。
b0040888_2139031.jpg

ここで御朱印を頂きました。
御本堂の写真、忘れちゃったわ(^^ゞ

御本社、山頂はまだ先です。
b0040888_21433569.jpg

柔らかい風にのって桜がはらはらと落ちてきてとてもキレイでした。
b0040888_21435561.jpg

階段をかなり上がって
b0040888_21444882.jpg

こちらが御本社。

頂上はまだ先。
薬王院からの15分くらいが舗装されていない道でちょっとした山歩きの気分が味わえます。
ということは、それまでの道はケーブルカーの駅からは舗装された道ばかりだということ。
ケーブルカーを使わない登山ルートももちろんありますが、
しっかり整備されたルートがありハイキング気分で楽しめるところが人を多く呼ぶのでしょうね。

頂上です!!
b0040888_21463164.jpg

頂上にはまだ桜も少し残っていてたくさんの皆さんがお花見気分でお弁当を広げていました。
b0040888_21473130.jpg

私たちは下山してからお昼を食べる予定なのでソフトクリーム!
b0040888_21475512.jpg

この雲の向こうに富士山が。。。
今日も空振りだー
b0040888_21482983.jpg

下山します。

続きます。
[PR]
by greenfloral | 2014-04-20 21:52 | diary | Trackback | Comments(0)

春の江の島、鎌倉へ

b0040888_22325045.jpg

元同僚4人で江の島、鎌倉をぶらり。
悪天候の予報で3月から延期した甲斐があって絶好の散策日和でした。

今回はこの時期旬の生シラス目的で江の島からスタート。

まずは江島神社へ行きました。
以前、江ノ島大橋から富士山が見えたのでほのかに期待してましたが、
見えませんでした。
空気が澄んでないと無理ですね。
b0040888_2233482.jpg

江島神社、中津宮までアラフィフ4人、頑張って長い階段を登りました(^^ゞ
エスカーは使いませんよ。
お昼ご飯を美味しくいただくためです^^
b0040888_2234492.jpg

茅の輪をくぐりお参り。
b0040888_22342469.jpg

御朱印を頂きました。

お目当ての生シラス丼を頂きに神社参道にある『とびっちょ』へ。
腰越で頂くつもりでしたが、
通っている料理教室の先生がこちらで召し上がっていて美味しそうだったのでまねっこ^^

人気店なので、当日の場合は自動発券機で番号札をとるシステムです。
前日までは予約できますが、すぐ満席になってしまうそう。
私たちはあらかじめお店に寄り番号札を発券し、時間を見計らってお店に戻りました。

メニューは生しらす丼から3色、4色、5色丼などいろいろあります。
迷った挙句、生しらす生桜エビ丼にしました。
b0040888_2235661.jpg

大きなふた付きの丼はこんな風に運ばれてきます。
b0040888_22352714.jpg

温たまをのせ、ポン酢をかけていっただきまーす!
肝心なシラスより桜エビの甘さに感動!
たまにお口の中がチクッとしますけどね^^
結構なボリュームでしたが、完食しました!
無事目的が果たせて満足、満足。
b0040888_22355765.jpg

江ノ電に乗り、鎌倉へ移動。

気になるお店をのぞきながら御成通りを歩きました。
以前訪れた時よりお店がふえているようでしたが、
お気に入りだった雑貨屋さんがなくなってたような。。。

確かここだよね?っと半信半疑で路地を入るとパンのいい香り~♪
b0040888_22363325.jpg

天然酵母使用の『KIBIYA BAKERY』
のちのちいろいろ見てまわって荷物が増えるだろうと2個だけ購入。
今朝、写真も撮らずに食べてしまった><

若宮大路へ出て鎌倉駅方向へ。
b0040888_223706.jpg

すぐ目についたのは、チョコレートのお店『イル・ド・ショコラ』
ちょっとだけ食べたい!
b0040888_22372873.jpg

ってことで看板商品の生シェルパイを2個買って半分こして食べました。
味はバニラ、プラリネ、いちご、抹茶、紅茶の5種類ありましたが、
皆の意見で2個とも紅茶。
紅茶クリームはひんやり、程よい甘さでおいしかったです。
一口っていうのがまたよかったのでしょうね。

すぐ前の鎌倉農協の即売所にも行ったのですが、
午後の時間では品物がもう少なくて何も買わず。

この後、小町通りを通り越して隠れ家のようなカフェへ。
会社を辞めて以来数年ぶりの友人もいて楽しいおしゃべりでした。

いつもなら小町通りに行き、豆菓子だったり、漬物だったり
試食しながら買うのですが、結果、時間がなくて散策できなかったので、
私が買ったのはパンだけだったという。。。

カフェはまた別記事で。
[PR]
by greenfloral | 2014-04-18 22:42 | diary | Trackback | Comments(0)

諏訪大社 下社秋宮

b0040888_11503271.jpg

諏訪大社めぐりも秋宮で最後になりました。
b0040888_1151018.jpg

下社秋宮へ到着すると大勢の人で賑わっていました。
参道にもお店がたくさん出ていて、4社の中で一番人出が多かったです。
身動きできないほどの混雑はいやですが、ある程度の賑わいがあるとお正月らしいなと思いますね。
あまり情報もないまま4社めぐりましたが、結果的に最後に訪れてよかったです。

秋宮は春宮と境内の社殿の位置が同じです。
参拝するのに拝殿まで列ができていたので、列に並びながら撮りました。
b0040888_11513260.jpg

神楽殿
b0040888_11514725.jpg

拝殿
b0040888_11515938.jpg

第一の御柱。
b0040888_11521458.jpg

下社秋宮の御朱印。
b0040888_11522927.jpg

これで4社コンプリート^^
b0040888_11524767.jpg

全部の御朱印を集めると最後の神社で御神供のそばらくがんが頂けます。

「御家族の皆さんで頒かち頂き、諏訪大社の御加護のもと健やかにお過ごしないさいますようにお祈り申し上げます」
とありました。

急ぎ足でしたが、無事4社めぐりを終えて御利益をたくさん頂きました。
パワー満点、今年も頑張ります!!

その後、参道のお蕎麦屋さんにぶらりと入ったら、
またまた『ニッポン絶景街道』で紹介されていたお店でビックリ!
b0040888_11531758.jpg

蔵のある古民家を再生し、茶室やギャラリーも備えたお店です。

席について、店内にある蔵で「あっ!」ってきづいた次第。
b0040888_11534026.jpg

天ぷらそばをおいしく頂いてきました。

最後に日帰り温泉に立ち寄る予定でしたが、
どこも混んでそうなので諏訪湖畔にちらっと寄って早めに東京へ戻ることにしました。
b0040888_115452.jpg

b0040888_11541863.jpg

凍るとワカサギ釣りがたのしめる諏訪湖。
寒い、寒いと連発してましたが、諏訪湖が凍っていないので
まだまだ寒さは序の口なのでしょうね。
[PR]
by greenfloral | 2014-01-05 11:57 | 2014/01 suwa | Trackback | Comments(2)

諏訪大社 下社春宮

諏訪大社 上社前宮から車で30分ほど走って下社春宮へ。
b0040888_050495.jpg

国道20号線(中山道)より春宮大門(鳥居)のある通りを曲がると突当りが春宮になります。
昔は流鏑馬などを行った春宮の参道だったそうですが、今は住宅のある普通の道。
春宮の少し手前、道路の真ん中にある下馬橋がその名残を感じさせます。
これより先が神域で春宮参りのとき、馬や籠から降りなくてはならないという場所だったそうです。

3か所目ともなると、もはや入口の写真も撮らずにづかづかと境内へ><
b0040888_0515057.jpg

鳥居を抜けると、真ん中にでーんと神楽殿。
しめ縄が太くて立派です。
b0040888_0521020.jpg

b0040888_0524813.jpg

神楽殿の裏に拝殿がありました。
立派な彫刻がほどこされています。
b0040888_0532786.jpg

じょにぃ~が後ろの御柱も見えるぞ!っと教えてくれたので撮影~
b0040888_0554679.jpg

下社春宮の御朱印です。

春宮ではすぐ近くにある『万治の石仏』という石像を見に行きました。
b0040888_0561934.jpg

脇を流れる川にかかる赤い橋を渡ってしばらく行くとその像があります。
b0040888_0565133.jpg

昔、春宮の石の鳥居を造る際、
この石を材料にしようとノミを入れたら血が流れ出してきたので恐れをなして仕事をやめ、
この石に阿弥陀如来をまつったと言われています。
この丸っこい体からはそんな恐ろしいこと、想像もできませんね。
b0040888_0572595.jpg

石仏の周りを願いことを唱えながら三周することで願いがかなうということで、皆さん、周っております^^
もちろん私たちも!!

街道案内人の梶さんと女性カメラマンが街道を歩く『ニッポン絶景街道』という番組で
昨年秋、この石仏が紹介されていました。
この番組、ステキなところがたくさん登場するので、訪れてみたいなぁと毎回思わさせられます。

春宮に向かう際、最後に行く秋宮付近の混雑ぶりを見ていたので
駐車場待ちを恐れて春宮の駐車場に車をとめたまま秋宮まで歩いていくことにしました。
その道はなんと『ニッポン絶景街道』でも紹介されていた中山道で
20分ほどの道のりの中で番組で登場したポイントがいくつも出てきたのにはビックリでした。
b0040888_103838.jpg

左は中山道の一里塚、右は温泉の洗い場。
熱くて手をあてていられません(^^ゞ

お次は諏訪大社下社秋宮です。
[PR]
by greenfloral | 2014-01-05 01:05 | 2014/01 suwa | Trackback | Comments(0)

諏訪大社 上社前宮

本宮から前宮まで車で5分。
本宮参拝後、駐車場へ戻ると駐車場待ちの列ができていて
ナビ通りに公道へ出れず、ぐるりと遠回りをしてしまい、
私たちは15分ほどかかりました(^^ゞ
b0040888_19205219.jpg

こちらの鳥居↑、そして奥の狛犬↓、三平サン寄贈です。
b0040888_19211359.jpg

b0040888_19212772.jpg

お土産やが並ぶ参道もなく、自然の中にひっそりと佇んでいて
本宮の賑わいとは対照的にやや寂れた感じのする前宮。
諏訪の祭祀の発祥地とされ、たくさんの建物がありましたが、
神殿の移転とともに祭事に必要なものだけが残されたようです。
b0040888_19221679.jpg

現在の拝殿は昭和7年に伊勢神宮から下賜された御用材で建てられ、
そばには水眼という清流が流れています。
b0040888_19225589.jpg

b0040888_19233237.jpg

こじんまりしているので4本の御柱がしっかり確認できました。
b0040888_19242661.jpg

人が少なくてゆったりとお参りできたということもあるのでしょうが、
空気が澄んでいて一番雰囲気のある場所だったような気がします。
b0040888_1928758.jpg

上社前宮の御朱印です。

お次は諏訪湖を超えて、下社春宮へ。
[PR]
by greenfloral | 2014-01-03 19:30 | 2014/01 suwa | Trackback | Comments(0)